トップページ 品質のこだわり 有機マカQ&A お客様の声 会社案内 カートを見る


                            ■有機マカQ&A                                


 

● Q1 マカってなんですか?


A1 マカは、アブラナ科の植物で、カブの様な形をした根菜です。自然環境の厳しいアンデス山脈(ペルーのフニン県 ボンボン高原)が原産地です。

アンデス高地の過酷な自然環境で暮らす人々にとって、マカは欠かすことのできない活力源であり、インカ帝国で栄えていた数千年前から栽培されている生命力の強い植物です。    

 
 

● Q2 JASってなんですか?


A2 日本の農林水産省が農林物資の品質、生産、流通、消費に関して一定の規格を定めた日本農林規格のことです。規格に適合した生産が行なわれていることを登録認定機関が検査し、認定された事業者のみが有機JASマークを製品に貼ることができます。

「有機JASマーク」のない農産物と農産物加工品に「有機」「オーガニック」などの表示をすることは法律で禁止されています。
光健は日本農林規格(JAS)の認証を受けています。

 
 

● Q3 マカってどんな味ですか?


A3 はっきりと似たような食品はありませんが、粉末のマカは、きなこの甘さに若干苦味を加えた味という表現がふさわしいかもしれません。また、人によっては味が苦手という方もいらっしゃいます。

その場合、分量にもよりますが、風味の強いカレーや味噌汁に混ぜて頂くとさほど気になりません。
マカのおいしいレシピはこちら

 
 

● Q4 いつ、どのくらいの量を飲むのがよいのでしょうか?


A4 基本的に基準はありません。一応の目安として、 粉末の場合、1日にティースプーンで2〜3杯くらい カプセルの場合、1回3〜4カプセル(朝食後など決まった時間のほか、疲れを感じた時などがお勧めです)

※体調や気分に合わせてお飲み下さい。

 
 

● Q5 粉末のマカの飲みやすい方法を教えて下さい。


A5 お湯やホットコーヒー、ホットココア、ホットミルクなどのあたたかい飲み物ですと、溶けやすくて飲みやすくなります。また、少量のお湯で先に粉末を溶かしておきますと、さらに飲みやすくなります。
 
 

● Q6 マカに副作用ってあるのですか?


A6 マカは野菜(根菜)ですので、薬の様な副作用の心配はありません。個人の体調・体質に合わせて飲まれることをお勧めいたします。※病気や疾患に対する効果・効能をうたうことは、薬事法によって禁止されています。
 
 

● Q7 妊娠中に飲んでも大丈夫ですか?


A7 大丈夫です。ただ、念のために掛かりつけのお医者様とご相談の上、飲まれることをお勧めいたします。
 
 

● Q8 光健のマカは、なぜ他社より安いのですか?


A8 光健の有機マカは、種まき、栽培、収穫、天日乾燥、微粉末加工を自社工場にて一貫して行なっております。その為、外注に頼らず無駄なコストを省くことが可能なのです。

また、弊社の現地法人Koken del Peru社は日本の他に、アメリカ・カナダ・ドイツ・フランス・イギリス他各国にもマカを原料として輸出しておりますので、大量生産によるコストダウンを実現しています。

 
 

● Q9 栽培地の標高は関係あるのですか?


A9 はい、あります。もともとマカは、標高4000m以上の高地に暮らす人々が、発育促進や滋養のために栽培していた植物で、天日乾燥することで独特の旨みを持った保存食です。

過酷な自然環境に暮らす人々に欠かせない活力源として、大切に受け継がれてきた伝統的な健康食品です。マカが日本で注目されて以来、多くの業者からの参入があり、3000m以下の低地で育てられた安価で低栄養なマカ(※注)をペルーのマカ業者から輸入し販売されている日本のマカ業者が、残念ながらいることは事実です。

光健の有機マカは、標高4000m以上の高地で栽培、収穫されたものだけを原料にし、マカの原産地に建設した自社工場で加工しています。衛生的な設備で、マカ微粉末や水溶性高分子マカ粉末の生産を行なっておりますので、自信を持って栄養価を保証しております。

※低地(標高3000m以下)で育ったマカは、土壌からの栄養分と高地の強烈な日光を十分に吸収することができず、高地(標高4000m以上)で育ったマカよりも栄養価が劣ります。光健の有機マカの成分

 
 

発酵マカーリック

width="200"